【徹底解明】Youtube動画再生アップ↑させる仕組み公開【根拠あり】【ノウハウ】【驚愕の事実】【YouTuber必見】

こんにちはサッパTVです。

前回、登録100人超えた記念として、私独自の分析で登録者増やす方法を説明しましたけど
(前回の登録100人記念の記事がこちら)

今回は新たに、Youtube動画再生アップさせる仕組みが分かりました

前回の話で、私が作成した3万回再生以上のDA PUMPのUSA余興動画をご紹介したかと思います

その後、すぐに再生回数が止まりました

私はどうしてかな?と疑問を抱きながらアナリティクスを見ているとあることに気づきました
※アナリティクスとはYoutube動画の分析データのこと

下記のデータが実際の動画の再生回数が止まった時に、画面メモしたもの↓
IMG_3122.png

このデータは48時間の動画再生回数を時間別に表しているものですが、注目してほしいのが

「48時間前」と「たった今」が書かれている「たった今」の青い棒グラフの数値

ほとんど0に等しい数値になっている

比較として、通常なら「たった今」の文字まで青いグラフがきているのだ

比較するために、私の別の動画のデータ↓
IMG_3129.png

これを比べると、私のUSA余興動画が、かなり急激に視聴回数が落ちたことがわかる

一切、私はこの動画をアップしてから何もいじっていない

タイトルも説明文なにも変更していない

なのに、これだけ急激に、しかも今まで48時間で4万再生され、1分間で1000回再生されていた動画が

数時間前を境に急激に0になるわけがない

人気が無くなったとしたら、徐々に下がる、緩やかなデータが棒グラフとなって現れるはずだ

つまり、これは人為的なのか自動的なのか、動画の露出を操作したために変化したデータだと考えられる

Youtubu側で再生回数が変動する対応をしているのではないか

では、なぜそのようなことをしているのか?

先ほども書いたが、私はこの動画をアップしてから一切、いじっていないとお話ししたが

実は、この動画、アップした時から一つ変化したポイントがある!

それは

全ての動画にある、高評価、低評価の数だ

この動画をアップして再生回数が伸びていった時は

高評価が30、低評価が10で高評価の比率が高かった

3万回再生を超えると、高評価が60、低評価が64と低評価が上回った

その時間帯で爆発的に伸びていた視聴回数が

止まった…

つまり、今回の分析で人為的なのか機械的なのかは不明だが

動画は評価によってYoutube側で露出を変化させているということが分かった

おそらく、youtubeでの操作がブラウジング機能として現れているのだろう

ブラウジングから77.4% ほぼブラウジングで動画を視聴しているのが分かる↓
IMG_3120.png


他の他者のブログでも同じような事が書かれていたが、

トラフィック ソースのブラウジングからの動画視聴が増えれば、

Youtube側からの露出が増えてることを意味しています


結局は良い動画やおもしろい動画を作らなければいけないのには変わりは無いが

Youtubeの仕組みが分かったり知ることができるだけでも

人気動画を狙いやすくなり、動画作りには影響を与えるだろうと思います

私の経験がみなさまのお役に立てれば幸いです

それでは、良い動画作りを応援しています

また遊びにきてね!



YouTubeとTwitterやっています。よろしければ登録フォローお願い致します(*^^)v







今後もみなさんの有益になるような情報をブログや動画にアップできるように頑張っていきたいと思います!











サッパTVさんのランキング集計結果




関連記事

コメント

非公開コメント

サッパTV

こんにちはサッパTVです。サッパTVでは海、山、川などの大自然から最先端の家電やゲームの商品レビューなど様々なジャンルをエンターテインメントするクリエイティブなチャンネルを目指しております。応援よろしくお願い致します。
Youtubeを見る

Twitterフォローする

検索フォーム

登録フォローしてね(^^)/

サッパブログ人気ランキング

クリックしてね(^^)/

最新コメント

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
1203位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
62位
サブジャンルランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム